借金を返済するためにはお金が必要です。

 

そのためには日ごろの生活を引き締めて貯金をする必要があるでしょう。

 

家計の見直しによる節約も効果があります。

 

また、返しきれなくなった借金対策は弁護士への相談が一番の節約方法となるでしょう。

 

 

ローン返済は繰上がお勧め

 

なるべく前倒しでまとめて返すのがお得

 

借金残高が多くなったなと思ったら、まず繰上返済をお勧めします。

 

ボーナスなどを全て使い切るのではなく、ローン返済に充てるだけで借入元本が減って利息支払額が少なくなるのです。

 

当然、毎月の返済額が減り繰上返済を加速することができるでしょう。

 

 

カードローンを上手に利用している人は、このような方法で利用しています。

 

そのため、金融機関からの信用も厚く、金利がさらに下がる好循環を生みます。

 

節約生活で資金捻出

 

返済資金を捻出するためには、家計の引き締めをすることで節約生活がお勧めです。

 

年収千万円単位の人でも、ぜいたくな暮らしをしていたらお金が残りません。

 

このような人が債務整理の対象になることは珍しくないのです。

 

これに対し、年収200万円とか、300万円の人は、将来の生活に危機感を持っているため、自然と節約生活にシフトしているものです。

 

金融機関も歓迎している

 

このような節約生活をしている人は「堅い」人だと判断されます。

 

年収が低くても、毎月貯金をしっかりしている人は金融機関からの信用が厚く、住宅ローンなどの審査も通りやすいのです。

 

でもお金がなければ返済できない

 

早めの完済が結局生活に余裕を生み出す

 

とはいえ、節約をしなければ返済資金は捻出できません。

 

自分の生活を見直すためには、家計簿がお勧めだと言われますが、クレジットカードの明細や貯金通帳を確認するだけでも十分です。

 

自分がどんな支払をしているか見直すと、視聴していない有料放送や、保証が重複している保険があることがわかるでしょう。

 

節約の大切さ

 

このような無駄を排除するだけで返済資金の捻出が可能です。

 

それとともに、外食が多い人は自炊をすることでも節約は可能でしょう。

 

自炊をすることで栄養バランスが良くなるメリットもあります。

 

節約をすることで毎月の返済が進み、ローンを完済し貯金を始める人も少なくありません。

 

家計の見直し

 

家計の見直しということで保険の相談を受け付けている事務所があります。

 

しかし、新しい保険を勧められるだけであまりメリットはありません。

 

それより、自分自身で家計の見直しを考えることの方が大切です。

 

先ほど述べたような方法で見直しをすれば、自分でもビックリするような「埋蔵金」が生まれてくるかもしれません。

 

でも返しきれないなら弁護士の無料相談

 

専門家に自分の借金について診断してもらう

 

とはいえ、いくら節約しても返済しきれない借金はあります。

 

年収500万円の人が、500万円のカードローンやリボ払い残高があったら返済は難しいです。

 

節約を頑張っても返しきれない借金は、早めに弁護士に相談することをお勧めします。

 

債務整理の初回相談は無料

 

弁護士に相談するとお金がかかるからと思っている人も多いでしょう。

 

しかし、債務整理の初回相談料は無料です。

 

最初の相談だけで、債務整理の必要の有無は判断してもらえますから、一度相談してみることをお勧めします。

 

債務整理を専門とする弁護士はWEBで探せば、勤務先や通勤経路上にいらっしゃることがわかるでしょう。

 

上手な返済方法を教えてくれます

 

債務整理を得意とする弁護士に相談すると債務整理が必要かどうかを教えてくれるでしょう。

 

必要なければ返済を続行すればいいですし、ひょっとしたら過払い金の存在に気が付いて消費者金融などから返金されるかもしれません。

 

ただ、節約しても返済が厳しいというのであれば、何らかの問題があるはずです。相談する価値は十分あるでしょう。

 

節約はここでも役立ちます

 

減額して返済するという選択肢もある

 

債務整理をするとなった場合、毎月の返済額は間違いなく減ります。

 

しかし、返済の義務がなくなったわけではありません。

 

任意整理の場合、元本だけは返済しなければいけません。

 

 

弁護士は現在の収入や家計支出を基礎にして返済プランを決めてくれます。

 

しかし、節約をすることで完済時期を早めることが可能です。

 

返済資金を貯めることができます

 

節約することで資金を捻出したら、任意整理の返済期間中は貯金することを勧められるでしょう。

 

万が一、支払が滞っても貯金があれば対応できるためです。

 

 

任意整理は返済が滞ると利息の支払が要求されるばかりか、残額の差押をされる可能性があります。

 

そのようなことを防ぐため繰上返済のようなことはしないことが一般的です。

 

貯金ができれば生活も安定します

 

また、債務整理をするとクレジットカードなどの利用ができなくなることが一般的です。

 

そのため、デビットカードを利用することも多くなりますが、現金決済の生活になります。

 

貯金をすることで、返済資金だけではなく、万が一に備えた自分の保障にもなるでしょう。

 

貯金をすることで安定だけではなく、安心もてにすることができるのです。

 

 

事情はどうあれ、借金をしたら返済しなければいけません。

 

債務整理をしても自己破産を選択しない限り、いくらかの返済は必要です。

 

自分の家計を見直して節約生活をすることで返済資金が捻出されます。もちろん完済した後は貯金ができるでしょう。

 

しかし、節約によって返済が進めばいいのですが、それでも返済が進まない場合は無理をせずに弁護士への相談をお勧めします。無理をしてはいけません。

借金減額の方法、返済に困った時の対策はこちらのページをご確認ください。借金問題の対策を紹介しています。