債務整理の費用が高いのは仕方ないとしても、ちょっとでも安い相手に依頼したいものです。

 

任意整理は弁護士より司法書士の方が安いと言われていますが、自己破産は弁護士しかできません。

 

もっとも、よほど悪質な弁護士でない限りは最終的な費用にはあまり差が生じません。

 

 

費用差は大きくはない

 

起算してみるとトータルであまり違わないか

 

債務整理を弁護士などに依頼する際、やはりちょっとでも安くできたほうがいいことは確かです。

 

ただ、何事も相場があり、余りにも安い金額を提示されるとちょっと怖い部分があります。

 

任意整理であれば1社4万円プラス成功報酬1割が相場ですが、法律事務所ごとに報酬規程はバラバラなので一見安そうに見えることもあるかもしれません。

 

ただ、最終的な支払額はほとんど変わりません。何事も相場がありますから、あまり期待しない方がいいでしょう。

 

着手金ははじめに払う費用

 

安いように見える法律事務所は着手金と成功報酬を別に請求します。

 

任意整理はほとんど成功するため、成功報酬は支払がほぼ確実です。

 

そのため、見かけの料金が安くなるように分けていることがほとんどでしょう。

 

着手金無料を掲げている事務所もありますが、その分は成功報酬に乗せられていることが多く、その分成功報酬の金額が高くなっているケースが多いです。

 

計算式の差に過ぎない

 

結果として4万円は4万円です。ただ、業界の規定である日弁連の「債務整理規定」で成功報酬は1社2万、減額報酬は10%と上限が決められています。

 

そのため、成功報酬を上限いっぱいまで取っている法律事務所がほとんどです。

 

成功報酬は必ずある

 

着手金、成功報酬も含めトータルの金額を見る

 

成功報酬は先ほど述べた通り、1社2万と減額額の1割とほぼ決まっています。

 

司法書士の場合はもう少し安い場合もありますが、業務に制限があるため安いからと飛びつくのも考えモノでしょう。

 

 

この成功報酬は定額の部分と変動する部分がありますが、法律事務所として魅力的なのは変動する10%の部分でしょう。

 

ただ、先ほど述べた通り、ほとんどの法律事務所は割合が同じなので、比較する意味はあまりありません。

 

司法書士はやはり安いのか

 

司法書士事務所の中には着手金を取らず、完全成功報酬としていることがあります。

 

自信があるからできることでしょうが、依頼する側としては支払時期が遅れるため魅力的でしょう。

 

ただ、先ほど述べた通り、司法書士は業務が限定されています。

 

具体的には1件140万円を超える案件は司法書士に任せることはできません。

 

自分の借入金が1件当たりどの程度かを見極めて判断することになるでしょう。

 

最後まで報酬は確定しません

 

ちなみにこの成功報酬は、債務が減額した部分に対して割合が決められます。

 

つまり、最終的に和解調書が出来上がらないと報酬は確定しません。

 

 

ちなみに任意整理の手続きの間に過払い金が発生することが判明した場合は、当然相手に請求します。

 

ただ、この過払い金についての成功報酬は2割が相場です。

 

ちょっと高めであることは知っておいた方がいいでしょう。

 

比べる意味はあまりない

 

どの事務所も大きな違いはありません

 

つまり、法律事務所によって差はあまり生じません。

 

あえて言うなら、1社あたりの借入額が少ないなら司法書士に依頼した方が安くできることがあるという程度でしょうか。

 

 

比べることも大切かもしれませんが、それより自分が簡単にアクセスすることができる場所に事務所があるようなことが重要かもしれません。

 

もちろん、相手の弁護士や司法書士の方との相性もあるでしょう。

 

安いと宣伝する事務所もありますが…

 

法律事務所の中には「できるだけお安くします」と思わせぶりの広告をすることもあります。

 

ただ、本当に安くなるかどうかはわかりません。

 

 

先ほど述べた通り、報酬支払額が確定するのは和解調書が作成されてからです。

 

しかも、10%という部分もあるので、本当に安くなったかどうかはわかりません。

 

結局ほとんど変わらない

 

最近、大手の法律事務所が広告内容に問題があると処分されています。

 

処分理由は不明確なところもありますが、広告合戦になっていることは事実のようです。

 

 

ただ、金額を問わず任意整理ができる弁護士であれ、司法書士であれ、相場を著しくダンピングするようなことはありません。

 

どこかで帳尻を合わせているのです。

 

費用を気にするよりまず相談

 

専門家の話は予め聞いておきたい

 

費用を気にする前にまず相談が必要です。安い事務所はないかとネットで探している間にも請求は続き、利息の支払は続きます。

 

この悪循環を止める手段が任意整理なのです。

 

 

任意整理をすることで元本だけの返済に留まりますから、早くスタートした方が有利になります。

 

ほとんど変わらないなら近くの事務所

 

報酬がほとんど変わらないなら自宅近くや通勤経路上の事務所の方が好都合でしょう。

 

確かに、探せば安めの法律事務所を探すことができるかもしれません。

 

でも、その間に支払う利息があることを考えると、どちらが有利かはわかないのではないでしょうか。

 

あなたの意欲が借金を減らす

 

自分の借金を減らし、利息支払の悪循環をストップさせるためには自分の決断が必要になります。

 

弁護士や司法書士に依頼するのは自分です。向こうから手を差し伸べてくれるわけではありません。

 

 

それであれば早く自分から弁護士や司法書士にアプローチする必要があるでしょう。

 

結局、あなたの意欲が借金を減らすのです。

 

 

債務整理の費用は事務所によって変わりません。算定根拠に違いがあっても最終的な金額に差は出ないからです。

 

また、任意整理の場合は成功報酬があるため、最後まで費用は確定しません。そのため、あまり安い事務所を探しても意味がないのです。

借金減額の方法、返済に困った時の対策はこちらのページをご確認ください。借金問題の対策を紹介しています。

債務整理の費用を比較|弁護士の報酬(費用)を比べられるのか?記事一覧

借金を返済するためにはお金が必要です。そのためには日ごろの生活を引き締めて貯金をする必要があるでしょう。家計の見直しによる節約も効果があります。また、返しきれなくなった借金対策は弁護士への相談が一番の節約方法となるでしょう。ローン返済は繰上がお勧め借金残高が多くなったなと思ったら、まず繰上返済をお勧めします。ボーナスなどを全て使い切るのではなく、ローン返済に充てるだけで借入元本が減って利息支払額が...

借金が返せない場合、まず消費者金融や信販会社に相談をすることになります。そこで返済計画を立ててその通り返済できれば問題ありません。しかし、返済できない場合は滞納になります。早めに弁護士事務所に相談をして債務整理を検討することをお勧めします。返せなくなったらどこに相談するか借金が返せない場合誰に相談するでしょうか。消費者金融や信販会社は返せない場合は相談してくださいと言っているため、そこに相談する人...