任意整理はメリットばかりではなく、デメリットもあります。その最たる例としてブラックリストを挙げる人が多いようです。

 

しかし、任意整理をしたから必ずしもブラックリストとして扱われるとは限りません。一体どうなっているのでしょうか。

 

 

信用情報機関により変わる対応

 

それぞれの組織で対応が違うなんて

 

信用情報機関に「ブラックリスト」と呼ばれるようなリストはありませんが、事故情報が登録されると「ブラックリストに載った」と言われます。問題は、任意整理が事故情報に該当するかどうかです。

 

日本には、信販会社系のCIC、消費者金融系のJICC、銀行系のKSCと3つの信用情報機関があります。

 

しかし、任意整理の取り扱いは信用情報機関によって違いがあるのです。

 

CICやKSCは登録しない

 

実は、CICやKSCは任意整理があっても登録されることはありません。登録するコードがないのです。

 

現在の信用情報機関のデータはすべて電子データ化されています。

 

信販会社などの審査もコンピューター化されているので丁度いいのです。

 

しかし、コードがなければ登録される理由はありません。

 

JICCは登録される

 

しかし、JICCは任意整理を事故情報として登録します。

 

消費者金融を任意整理の対象とすると、弁護士の受任通知があるとともに事故情報として登録しているようです。

 

登録機関は5年なので結構長いですね。

 

対応が違うことで何が変わるのか

 

それぞれの判断によって処遇は決まる

 

では、このように信用情報機関によって対応が違うことで何が変わるのでしょうか。

 

一般的に「ブラックリスト」として登録されることを危惧するのは、事故情報があることで審査が無条件で落とされるためです。

 

しかし、事故情報が登録されなければ信販会社などはその事実を知ることはありません。

 

CICしか見られなければ影響なし

 

もっとも、もし任意整理前に事故情報に該当するようなことがなければ、任意整理をしてもブラックリストではありません。ギリギリまで返済を頑張ったけど力尽きたというパターンです。

 

この場合、CICやKSCの信用情報しか見られなければ、任意整理をしても全く問題は生じません。つまり任意整理をするデメリットが大幅に減少することを意味します。

 

JICCまで見られたらバレる

 

ただ、JICCのデータまで見られるとバレます。クレジットカードのリボ払いの支払がきつくて任意整理をした場合、JICCは関係ないと思われがちです。

 

しかし、信販会社のほとんどはJICCにも加盟しているので登録されると考えた方がいいでしょう。このあたりの判断は非常に微妙です。

 

実際ははどうなったのか

 

新規のクレジットカード作成はほぼ無理

 

では、実際に任意整理をした人は、事故情報として登録されるのでしょうか。そして、クレジットカードの申し込みなどはできるのでしょうか

 

先ほど述べたように信販会社もカードローンやキャッシングサービスを提供しているためJICCに加盟しています。そのため任意整理をするとJICCには登録されます。

 

支払遅延がなければバレにくい

 

先ほど述べたように信販会社などの審査はコンピューター審査なので、事故情報が載っていなければ審査を通過する可能性があります。

 

他の事故情報がなければ審査は通常通り進むため、ひょっとしたら新規にクレジットカードの申込ができる可能性があるわけです。

 

つまり、過去に支払遅延の事績がなければ任意整理をしたことはバレにくいわけです。

 

支払遅延があると登録されているはず

 

もっとも、実際には任意整理以外の事故情報が既に登録されているため、任意整理の登録の有無にかかわらず「ブラックリスト」になっている人がほとんどだと言われています。

 

つまり、任意整理でブラックリストとならなくても、既にブラックリストになっているため、任意整理で自分の経済状態が好転してもクレジットカードの新規発行はできないでしょう。

 

すべきこととは何なのか

 

すべきことは何なのか迷わないように

 

このように信用情報機関によって対応が違うため、任意整理をすることによるデメリットはわかりにくいことが現実です。

 

任意整理の相談を弁護士にする際には、できる限り先ほど述べた3つの信用情報機関に情報開示請求をすることをお勧めします。

 

それを確認することで弁護士もより正確な判断ができるはずです。

 

情報開示をしてみよう

 

信用情報機関の情報開示は難しくありません。利用できるクレジットカードが残っていれば、それを使えばCICの情報開示は5分とかかりません。

 

他の信用情報機関も公式WEBに開示方法が載っています。KSCの開示はちょっと面倒で時間がかかるので早めに対応した方がいいでしょう。

 

開示資料を持って弁護士に相談しよう

 

任意整理にはメリットもデメリットもあります。しかし、任意整理によるデメリットの多くはブラックキリストに載るということです。

 

もし、ブラックリストに載らないということであればデメリットは非常に少なくなります。

 

そのため、開示資料を持って弁護士に相談することでより正確な判断をしてもらうことができるのです。

 

ブラックリストを恐れて任意整理をためらうより、一度、債務整理を得意とする弁護士に相談してみませんか?これからの人生を決める重要な決断になるはずです

借金減額の方法、返済に困った時の対策はこちらのページをご確認ください。借金問題の対策を紹介しています。