いつも借金のことが頭から離れない

 

借金返済のことが夢にまで出てくる

 

家族や会社に迷惑をかけるのが不安

 

そんな状態になっているあなたは借金を返せないまま、どうしようもなくなりそのまま滞納して途方に暮れているのではありませんか?

 

それぞれがいろいろな事情で借金をされたと思いますし、借りたものは返したい、と思うのは当たり前ですよね。

 

しかし、言い方は乱暴ですがしょせんはお金の問題なのですから、もうどうにもならないからと言って命と引き替えにする必要は決してありません。

 

あなたの現状にかかわらずほとんどのお金の問題は解決できますから、決して自分を責め過ぎないように自暴自棄にならずに解決に向けてスタートしましょう。これから解決法を紹介します。

 

 

借金が返せない時にはどうしたら良いのか

 

重い借金で苦しい毎日

 

借金を返済する方法はいくつか考えられますが、個人の借金返済が困難になった時の解決手段としては次の3つの方法のうちいずれかです。

借金返済方法1 工夫と努力で自力返済 ひとつは、生活費を見直して節約したり、本業のほかに副業などで収入を増やして返済に充てるなど自力での借金返済を目指していく方法です。

 

借金返済方法2 人の助けを借りて返済 つぎに考えられるのは自分以外の誰かに援助を頼むことです。具体的な例としては親御さんなどの親族にお金を借りて、そのお金を返済に充てる方法です。

 

借金返済方法3 債務整理で減額して返済 そして最後に借金問題の専門家(弁護士、司法書士)などに依頼し、債務整理を行い、法的な手続きで借金を減額してから返済する方法です。

 

「すでにお金がなくて借金返済ができなくなっている」「返済できずに滞納している」「借金を返すと生活費が残らない」このような状態なら債務整理を考えましょう。最も早く効率的な返済方法といえます。滞納しているなら早い対応をするほどあなたの負担が軽くなります。

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

 

自力で借金を返済していく方法

 

自分でコツコツ返していくには

 

まず、最初の「自力で借金を返済して行く方法」です。できる限り自分で返済していくのは、いちばんの正攻法。まず現状を把握して生活を見直します。

 

場合により副業が許される環境ならダブルワーク、トリプルワークで複数の収入源を持つのが理想といえますが、現実的には困難な人が多いかもしれません。

 

ポイント できれば月々の最低返済額にとどまらず、許す限り多めに前倒しで早めに完済することが高い金利を抑えることになりますから、結局はお得な返済方法になります。なるべく賢く効率的に返していくことを心がけましょう。

 

借金の現状はどうなってる?

はじめにあなたの借金の内わけ、現在の残高など現状を把握します。
借入件数、借入残高の総額、毎月の最低返済額、それぞれ完済までの期間を書き出してみてください。毎月の明細書などで分かる範囲でかまいません。

 

毎月の収入と生活費は?

次は自分の収入と生活費など必要経費を書き出し、無駄な出費がないかをチェックします。

ポイント 具体的には、たとえば一人暮らしなら実家に戻る、外食を止めて自炊しお弁当持参にする、携帯電話を大手通信会社であれば格安スマホに変更するなど、現状の支出を見直して節約を考えてみましょう。

 

毎月いくらなら返済できるか?

上記の収入から月々必要な生活費などを差し引いて、月にいくら返済可能なのかを計算します。少しでも余裕があるなら、毎月4万円のところを5万円入れるとか、前倒しで返済してしまいましょう。浮いたお金を貯金するよりも利息の高い借金を返済する方が長い目で見ると結局お得なのです。

 

毎月の最低返済額も返せない時

生活費を節約しても、月々必要になる最低返済額を返すお金が確保できないなら、副業で収入を増やす方法があります。時間と体力に余裕があれば副業にも選択肢はたくさんありますが、実際に本業の他に副業を持って働くのは困難な方が多いの現実でしょう。

 

 こちらのページもご参考に 
●借金返済と節約|完済するためのコツと生活

 

自分以外の誰かに援助を頼む方法

 

助けてくれる人はいないのか

 

借金の残高があまりに多い…完済まであまりに長期間で将来の見通しが立たない…今の収入では返済は無理だし、副業を持つことは現実的に不可能。

 

このように自力での返済が困難という結論になってしまった、そんな現状のあなたは誰かに助けてもらうことも検討してみるべきでしょう。

 

具体的に言うと、資金援助、つまり親類など身内に借金の返済額を立て替えてもらうことです。実際に援助を仰ぐ相手としては、親御さんが一番の候補となるでしょうか。

 

借金の返済のため親や親類に助けてもらうのは甘いと思われますが、頼れる環境にいることは幸運といえます。恥ずかしいことだと感じられるなら、これを機会に同じことは繰り返さない戒めにもなるでしょう。

 

個人に立て替えてもらうメリット

親御さんなど家族に立て替えてもらう一番のメリットは無利息ということ。家族とはいえ借金だからちゃんとしようと利息を付けて借りるケースがあるかもしれません。

 

しかし、貸金業者よりもはるかに低利でしょうし、何より厳しく取り立てされることはないでしょう。

 

身内への借金 心がけるべきなのは

親族・家族とはいえ借りたお金はなるべく早く返済するように心がけておいてください。お金のことだけに、だらしなくしていると親しい仲とは言え関係が悪くなることにもつながります。

 

ポイント それとできる限り、というよりも必ず現在の借入残高分をまとめて借りて、一括で返済することが大事です。もう自力での返済が困難になっているのですから1ヶ月分の返済額だけ借りるのでは借金の解決になりません。

 

それでは毎月同じことの繰り返しになってしまいます。なので、借金の残高が200万円でも300万円でもなんとか全額を一括で借りて返済を終わらせることです。

 

もうひとつ付け加えると、個人から借りるのも業者から借りるのも結局返すのだから同じ、と考えて別の金融業者からの借金で返すのは最も避けるべきことです。これでは「自転車操業」の延長にしかなりません。

 

債務整理を行い借金の減額をする方法

 

借金問題解決のプロに依頼する

 

自力での借金返済はもはや不可能、大金を貸してくれるような身内も知り合いもいない、という方には法律で借金問題を解決していく債務整理という方法があります。

 

返済に行き詰まった借金の解決方法として、実は一番多くの方が選んでいる方法なのです。もっとも自力で完済し解決できたり、身内が大金を用意できるような幸運な環境にいる人のほうが圧倒的に少ないでしょうから、当然かもしれません。

 

 こちらのページもご参考に 
●債務整理の費用を比較|弁護士の報酬(費用)を比べられるのか?

 

債務整理の種類とは

債務整理と聞くと「あぁ、自己破産か」と思われる方が多いかもしれませんが、債務整理は自己破産だけではありません。借金の金額や収入などのあなたの条件によって以下にご紹介するいくつかの方法を選ぶことができます。

 

●任意整理 貸金業者と交渉し返済額や返済期間を変更する

 

●個人再生 裁判所に申し立て大幅に借金減額し返済期間を変更する

 

●自己破産 裁判所に申し立てて借金全額の返済を免除してもらう

 

最強の債務整理は、残っている借金の全額を返さずに済む自己破産ですが、そのかわりに所有する家、土地、車、高額な預貯金など財産があれば処分することが必須となります。

 

なので、多くの場合はいちばん簡易な債務整理と言える任意整理から検討し、無理なら個人再生、全く返済が不可能なら自己破産と順番に可能性を考えていくことが一般的です。

 

「収入が足りなくて借金返済が困難」「返済できなくなり滞納してしまった」「借金返済で生活が苦しい」このような状況なら具体的に債務整理を考えるべきです。弁護士など専門家に相談することで早く楽になれる方法をアドバイスしてもらえます。早い対応をするほど結局あなたの負担が軽くなります。

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

 

任意整理

債務整理の中で一番利用者が多い方法です。あなたが金融機関やクレジットカードを発行している信販会社と直接交渉して、借入額の減額、支払い方法などの契約内容を変更する方法です。

 

実際には、素人の私たちが金融機関と交渉するのは大変困難ですから、弁護士、司法書士に依頼し、彼らが代理人として交渉するのが一般的です。

 

任意整理は「任意」という言葉通り、法律に基づいて強制的に執行されるものではなく、あくまで債権者との直接交渉ですから、代理人の手腕によっても結果は左右されます。

 

ただ、実務上は借金の元本部分を3年から5年で全額返済することを条件に、利息を全て免除することで決着がつきます。私の場合もそうでした。

 

任意整理のメリット

●弁護士などに依頼すると貸金業者からの請求、督促がストップします。

 

●この先に発生する利息をカットし、返済する借金を減額できます。

 

●月々の支払額と返済期間を変更して返済できるようにします。

 

●過払い金があるかチェックし、払いすぎた利息を取り戻すことができます。

 

督促の即時ストップで精神的に解放される

多重債務者であれば貸金業者からの督促電話が殺到して精神的に追い詰められているのではないでしょうか。任意整理を弁護士などに依頼することで督促が即時にストップします。

 

ポイント 弁護士、司法書士に任意整理を依頼すると、貸金業者などの債権者に代理人の受任通知をします。すると債権者はあなたに直接借金の督促をすることができなくなるのです。

 

将来払うべき利息をカットできる

消費者金融等の返済額内訳を見てみるとわかりますが、毎月返済していても返済額のほとんどは利息支払に消えています。これがなくなればもっと早く完済できるはずですが任意整理は正にそれを実現する債務整理の方法と言えます。

 

過払い金の発生についてもチェック

また、過去の借金については、制限利率を超える利率の利息を支払っていることが判明した場合には、同時にこの払いすぎたお金の返還請求もします。いまだに耳にすることが多いと思いますが「過払い金請求」と言われるものです。

 

ポイント 債務整理を専門とする弁護士は、債務整理の検討を始める前に、過払い金が発生しているかどうかも必ずチェックしています。任意整理と並行して過払い金返還請求も行います。

 

任意整理のデメリット

●任意整理手続き後、向こう5年〜7年間は信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)が記録される。その期間はローンの契約やクレジットカードの利用ができなくなります。

 

●任意整理した金融業者からは、この先再度借金することはできません。

 

●携帯電話の購入、機種変更の場合、本体代金の割賦払いができません。(現金一括払いなら可能)

 

しばらくクレジットの利用はできない

任意整理やこのあと紹介する個人再生、さらに自己破産しても、いずれの場合も同様に信用情報機関に事故情報が記録されます。

 

ポイント このことを俗に「ブラックリスト」といい、それぞれの債務整理手続を行ったあと5年間から7年間(自己破産の場合は10年とも言われる)はローン、クレジット、キャッシングなどの利用はできなくなります。

 

この先、任意整理した業者からの借入は不可能

ブラックリストに記載されている5〜7年が経過すると、事故情報が削除されて、再びローン利用などが可能になりますが、一度、任意整理した金融業者からのキャッシングやクレジット利用は原則としてできなくなります。

 

携帯電話の分割払い購入ができない

また、携帯電話の新規契約や機種変更の際に本体代金を月々の利用料とともに、割賦払いするケースが多いようですが、任意整理後ブラックリストに記録されている期間は割賦販売は利用できなくなります。

 

ポイント その場合は本体だけは現金一括払いで購入できれば大丈夫です。毎月の携帯使用料金をクレジットカード払いにしていたなら銀行口座から引き落としにするのが良いでしょう。

 

 こちらのページもご参考に 
●任意整理とは|手続の流れは?できない条件もあるのか?
●任意整理のデメリット|クレジットカードが使えない!

 

個人再生(個人民事再生)

個人再生は民事再生法と言われる法律に基づいて借金の利息部分だけでなく元本部分も大幅に減額する債務整理の方法です。

 

先ほど述べた任意整理は、利息は削っても元本部分は返済するため金融機関としては貸倒損失が発生しません。投資で考えれば、元本は保護されるわけです。

 

しかし、個人再生は元本部分である借入金をカットするため、交渉は難航しがちです。ただ、借入元本部分が大きくて3年間では完済できないような場合には、任意整理では対応できません。

 

このような場合には借金返済方法としてもっと抜本的な借金整理が必要であり、その手段として個人再生があるのです。

 

個人再生のメリット

●弁護士などに依頼すると貸金業者からの請求、督促がストップします。

 

●借金を大幅に減額することが可能です。(原則5分の1、最大90%カット)

 

●自己破産の場合のように資格や就業の制限がない。

 

●住宅などの財産を手放さなくても手続きが可能。

 

●免責不許可事由にあたる借金であっても手続きが可能。

 

督促の即時ストップで精神的に解放される

任意整理同様に個人再生を弁護士などに依頼することで督促が即時にストップします。
貸金業者からの督促電話、取り立てで疲弊している方にとっては精神的解放感は大きなものです。

 

債務を大幅に減額可能

個人再生では裁判所に再生計画を提出し、認められると原則として借金を5分の1まで減額することができます。多くの場合、大幅な減額により借金返済を現実的に考えられる金額になるでしょう。

 

就業、資格の制限なし

自己破産では免責決定までの手続き期間中は特定の業務に就くことできないなど、資格の制限がありますが、個人再生にはそれがありません。

 

財産を処分しなくてもよい

また、住宅資金特別条項により住宅ローンをそのまま払い続けながら土地、家屋を手放さず手元に残したり、自動車も所有することができたり、自己破産とは違い資産を残したままの手続きが可能です。

 

ポイント ただ、手続きの過程で所有する財産が評価されるのですが、財産の額に応じて返済するべき借金の総額があまり減額されないケースもあります。可能であれば、できるだけ一部の財産を処分するなりして始めることも必要になるでしょう。

 

どんな借金でも整理できる

自己破産は免責不許可事由あたる借金があれば免責の許可が出ません。免責不許可事由にあたるのはギャンブルや遊興費などによる借金ですが、個人再生ではそれらで作った借金であっても手続き可能です。

 

 こちらのページもご参考に 
●個人再生|住宅ローンや車はどうなるの

 

個人再生のデメリット

●官報(国が発行する新聞)に住所、氏名などが掲載されます。

 

●個人再生手続き後、向こう5年〜7年間は信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)が記録される。その期間はローンの契約やクレジットカードの利用ができなくなります。

 

●借金の減額は住宅ローンには適用されません。

 

●携帯電話の購入、機種変更の場合、本体代金の割賦払いができません。(現金一括払いなら可能)

官報に掲載される

民事再生を選択すると官報に住所氏名が載ります。官報はごく限られた一部の人だけが目にするものであり、身近な人に知られる可能性はほぼありません。

 

 こちらのページもご参考に 
●個人再生と官報|掲載されるのはいつなのか

 

ポイント しかし、中にはこの官報に注目している業者もいます。実際に官報掲載日には、怪しげな電話が来たり、セールスマンが訪れる可能性もあります。これらの業者から大量のダイレクトメールが届くこともあります。そのほとんどがヤミ金や詐欺まがいの業者で、人の弱みに付け込もうという輩ですから相手にしないことです。

 

ブラックリストへの記録

また、任意整理同様にブラックリストに記録されて、手続き後の5〜7年間はローン、クレジットの利用ができなくなることと、携帯電話の購入時の支払い方法についても任意整理と同じく制限がありますから要注意です。

 

住宅ローンの減額は不可

大幅な借金残高の減額が可能になる個人再生ですが、現在払っている住宅ローンは減額になりません。ただ、月々の返済額や返済期間については住宅ローンを利用している金融機関で交渉に応じてくれますので個人再生と並行して交渉してみるのがおすすめです。

 

ポイント なお、個人再生の利用条件は残っている住宅ローンと減額した借金を毎月払い続けていけること、つまり月々安定して一定の収入があることが条件のひとつになっています。サラリーマンはもちろんですが、パート、アルバイト収入がある人でも可能になっています。

 

個人再生は任意整理と比較するとデメリットも多いですが、借金の元本を2割程度まで圧縮できることもあるため効果が高い債務整理であり、無理と思っていた借金返済が可能になる手続きとなります。

 

自己破産

自己破産は究極の債務整理の方法です。債務の全額を返済免除にできる方法ですから、借金返済自体必要なくなってしまいます。

 

ただ、借金返済の免責を得るためには、自分の持っている財産を全て処分し、債権者に分配することになります。

 

もっとも、自己破産を選択する人のほとんどは財産と言えるものを持っていません。そのような人は自己破産ではなく、先ほど述べた民事再生を利用してケースが多いためです。

 

つまり、自己破産を選択できる人はアパート住まいで自動車などを持っていなかったりする人がメインになるでしょう。また、自己破産の手続中は一定の仕事に就けなかったり、先ほど述べたように官報に載ったりするデメリットがあります。

 

借金がすべてなくなってしまうメリットと引き換えに相応のデメリットもあると考えておくのが良いでしょう。

 

自己破産のメリット

●自己破産手続きが開始されると、債務者である私たちへの督促や取り立てがストップ

 

●裁判所に自己破産を申し立て、免責許可になると残っている借金の返済義務がなくなります。即ち借金がゼロになります。

督促、取り立ての即時ストップ

任意整理や個人再生と同様に弁護士などに依頼することで督促が即時にストップします。債務者本人に借金返済を迫ったり、取り立てたり差し押さえたりすることができなくなるのです。

 

貸金業者からの督促電話、取り立てが続くと精神的に追い詰められることになります。疲れ切った債務者にとって精神的安心感は大きなものです。

 

借金返済の義務が消滅

裁判所から免責許可が出るとその時点で残っている借金の全額を返済する義務がなくなります。

 

ポイント 注意すべきポイントは滞納している税金や公共料金の支払い義務はなくなりません。税金は必ず支払わなければなりませんから市役所、税務署などと個別に自分で支払い方法などを交渉します。

 

自己破産のデメリット

●官報(国が発行する新聞)に住所、氏名などが掲載されます。

 

●自己破産の手続き後、向こう5年〜7年間は信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)が記録されます。その期間はローンの契約やクレジットカードの利用ができなくなります。

 

●一定の価値が認められる土地、建物、自動車、預貯金などの財産は手放さなければなりません。

 

●自己破産の手続き完了までの期間は、特定の職業、資格の制限があり、就業できなくなります。

 

●借金の保証人がいる場合は代わりに保証人が借金返済を請求されることになります。

 

●携帯電話の購入、機種変更の場合、本体代金の割賦払いができません。(現金一括払いなら可能)

官報に掲載される

自己破産を選択すると個人再生同様に官報に住所氏名が載ります。官報はごく限られた一部の人が目にすることはありますが、官報を通じて身近な人に知られる可能性を心配する必要はないでしょう。

 

ブラックリストへの記録

任意整理、個人再生と同様にブラックリストに記録されて、手続き後の5〜7年間はローン、クレジットの利用ができなくなることと、携帯電話の購入時の支払い方法についても他の債務整理と同じく割賦販売等の制限がありますから要注意です。

 

財産は処分が必須

借金がなくなるのと引き換えに土地、建物などの不動産、自動車、99万円を超える預貯金などは財産とみなされ保有が認められません。原則として手放すことが必要になります。

 

ポイント 逆に考えるとこれらの財産を所有していない人であれば、自己破産する上では特に意識する必要のないデメリットとも言えます。

 

就業の制限がある職種も

自己破産を申し立ててから免責決定までの期間に限ってですが、特定の職業に必要な資格の制限があります。各種の士業や警備員、保険外交員などがこれに当たります。

 

ポイント 自己破産の手続き完了後はまた就業できるようになりますが、それまでの期間はこれらの職業には就業できなくなります。

 

連帯保証人に迷惑がかかる

あなたの借金の中に連帯保証人がいる借金があった場合は要注意です。あなたが自己破産を申し立てたら今までの督促や取り立ては連帯保証人に向けられることになります。

 

ポイント 連帯保証人に支払能力がなければ、保証人もまた債務整理を考える必要があります。いずれにしても保証人がいる場合は、自己破産の手続き開始前に連絡し話し合っておくべきでしょう。

 

借金問題を早く解決すべき理由

 

早く解決することが結局お得

 

以上、借金返済の方法を紹介してきました。自力での返済が可能であればそれに越したことはありません。副業を持って借金返済の助けとするのも解決法としてはベストと言えます。

 

また、さらに理想的なのは親御さんなど身内がとても経済力がある方の場合に、その方の力を借りられる場合ですね。しかし、現実的には本当にまれなケースでしょう。

 

現実に自分の力だけではどうしようもならない事の方がはるかに多いのです。解決の方法が見つからず将来に希望が持てなくなったり、絶望的な毎日を悪戦苦闘しているのではないでしょうか。

 

そんな、ごく一般的な方が最終的に選んでいる方法として、債務整理という手段もできる限り詳細に、またわかりやすくと考えて紹介しました。

 

借金減額によるもう一つの自力解決

実は当サイト管理人の私も債務整理で救われた一人なのです。無限に続くような借金地獄から脱出できたのは、債務整理という制度のおかげです。

 

しかし、債務整理はどうしても法律家などプロに解決を依頼しますから、彼らに支払う報酬など必要な費用についても心配ですよね。

 

またメリットの反面、どうしても避けられないデメリットもあります。家族や仕事、今後の生活に与える影響などについても正直なところ不安でした。

 

しかし、債務整理で借金を減額して返済できて「もっと早く思い切ってやっておけば良かった」と心から思いました。

 

ポイント 今だから言えることですが大切な人生の数年間を借金で苦しみながら生きるくらいなら、早く解決できる方法を選択すべきだ、と強く思います。

 

借金で苦しんでいる人は意外に多い事実

銀行、信販会社、消費者金融から5件以上の借金をして、返済に苦しんでいる多重債務者は国内に200万人以上いると言われています。

 

軽い気持ちで利用し始めた消費者金融のキャッシング。実は何枚もカードを作りキャッシングで借金しては、そのお金で別のカードの返済をするケースが多いのです。

 

ポイント そんな「自転車操業」になっていたらすでに赤信号です。それが積もり積もって気がつけば自分の収入では返済が追いつかないほどの金額になってしまっている方は少なくありません。

 

相談する人がいない時には

いくら困っていてもお金のこと、とくに借金のことは人には相談しにくいものですよね。なのでどうしても一人で抱え込んで悩む方が多くなるのです。

 

そんな希望の持てない状況でも借金を返済する方法はあります。また、返済が無理であってもほとんどのお金の問題は解決できるものです。

 

ポイント 債務整理による借金問題の解決方法はそのように一人で、孤軍奮闘し、苦しい毎日を送っている人のためにあります。まず専門家にアドバイスを求めるのは解決の第一歩になるはず。当サイト管理人の私も同じ体験をしてきました

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。